トヨタランクル買取専門店が送るランクルニュースランクル専門店が集めたランクルニュースです

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

lancrumania

Author:lancrumania
海外直接輸出のランクル買取高額専門店ランクスへようこそ!
ただいま海外の注文に答えられていません。
とにくかくランクル高価買取しますのでよろしくお願いします。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


只今特別高価買取車種


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トヨタランドクルーザー専門高価買取!

車両盗難、ハイエース が2年連続で1位、ランクルは4位

日本損害保険協会はこのほど、自動車盗難事故実態調査の結果について発表した。この調査は昨年11月に保険金を支払った車両盗難(639件)および車上ねらい(2634件)を対象に行ったもので、2000年に調査を始めてから今回が10回目となる。

盗難にあった車両のワースト10は以下の通り。
1位 ハイエース 98件
2位 ワゴンR 38件
3位 マークX 33件
4位 ランドクルーザー 29件
5位 セルシオ 25件
6位 カムリ 24件
7位 クラウン 23件
8位 インプレッサ 18件
9位 スカイライン 13件
9位 ムーブ 13件

ランクル4位なんですね。
ランクルやセルシオみたいな高級車よりも商用車や軽自動車が狙われるんですね。

セキュリティが甘いというのも理由の1つでしょう。


元ネタ
http://response.jp/issue/2009/0319/article121967_1.html
スポンサーサイト
トヨタランドクルーザー専門高価買取!

トヨタ、米国新車販売は33.9%減…11月実績

トヨタ、米国新車販売は33.9%減…11月実績
レスポンス

米国トヨタ販売は2日、11月の新車販売の結果を公表した。総販売台数は13万307台で、前年同月比は33.9%減。大型SUVの『セコイア』、レクサス『LX570』を除く全車が前年実績を下回った。

トヨタブランドでは10月まで好調だった『カローラ』が12.8%減の2万1807台と失速。ベストセラーセダンの『カムリ』も28.8%減の2万5224台と振るわない。『プリウス』も48.3%減の8660台と次期型の発表を控え、様子見ムードだ。

トヨタブランドのライトトラック(SUV/ピックアップトラック/ミニバン)系は、セコイアが51.9%増の1873台と好調だったものの、それ以外は総崩れ。『タンドラ』が55.9%減の6607台、『シエナ』が40.2%減の6153台、『ハイランダー』が35.9%減の7887台、『タコマ』が27.8%減の8648台、『RAV4』が25%減の9260台、という結果だ。

レクサスブランドでは高級SUVのLX570(日本名:トヨタ『ランドクルーザー200』のレクサス版)が引き続き好調。497.2%増の424台を販売した。しかし、『LS』が52.3%減の1272台、『ES』が30.3%減の4116台、モデル末期の『RX』(日本名:トヨタ『ハリアー』)も27.2%減の5850台と振るわなかった。

サイオンブランドは『xB』(日本名:トヨタ『カローラルミオン』)が43.8%減の2161台、『xD』(日本名:トヨタ『イスト』)も27.5%減の1386台と伸び悩む。

トヨタランドクルーザー専門高価買取!

【伊東大厚のトラフィック計量学】イモビライザの効果と普及

【伊東大厚のトラフィック計量学】イモビライザの効果と普及
レスポンス

◆イモビライザの盗難予防効果

イモビライザは、自動車盗難を予防する上で有効な装備だ。イモビライザが装着されていると、イグニッションキーから発信される暗号が車両側と一致しない限りエンジンは始動しない。盗難の多いEU諸国では標準装着が進んでおり、日本でも本格普及し始めた。

イモビライザの効果は、既にいくつかの車種で検証されている。搭載車と非搭載車の間には、盗難率(累計販売台数あたりの盗難件数)に明確な差があり、その予防効果は明らかだ(表1)。

また、『ランドクルーザー』の初期型イモビライザ搭載車にみられるように、暗号が解読され予防効果が低下する例もあるため、暗号化ロジックを複雑にするなど、イモビライザも改良されている。ランクルの初期型イモビライザを除くと、搭載車の盗難率は非搭載車の3分の1以下だ(表1)。


◆盗難被害が一部車種に集中

自動車の盗難は、特定のクルマに偏る傾向がある。損保協会の調査では、2000cc超の乗用車、RV、ミニバンなど、盗難の上位10車種だけで保険金支払い件数の半数を占める。車種数は乗用車で200近くもあるため、被害が一部“人気車”に集中していることがわかる。

盗難件数が現在の倍近くあった04年、年間の盗難台数が1000台を超えていたのは11車種あった。これらのクルマは盗難率も高い。中には1000台あたり10台近くも盗難されるクルマもあり、盗難率の高いクルマは全体平均の3 - 10倍も盗難リスクが高い(図1)。

盗難被害に遭いやすいクルマであっても、イモビライザは盗難率を3分の1以下に減ずることが期待できるため、早期の普及が望まれる。しかし、イモビライザが充分な性能を発揮するには装置の後付は困難であり、その普及は新車の販売台数に依存する。


◆上昇する新車装着率と認知度

ここ数年、イモビライザの普及は本格化してきた。ドライバーの認知度は年々向上し、乗用車を中心に普及も進んでいる。乗用車の新車装着率は、01年に僅か3%であったが06年には34%になった(図2)。

06年段階の装着台数の累計値は約500万台であり、乗用車の総保有台数に対する普及率は10%弱だ。しかし、盗難に遭いやすい車種に限れば、標準装備化も進んでいることから、普及率は5割前後に達しているのではないだろうか。

04年には盗難台数1000台超のクルマが11もあったが、06年はランドクルーザー、『ハイエース』、『クラウン』の3車種になり、盗難率もランドクルーザーが8.8から5.0に低下するなど改善傾向にある。盗難率低下の主因は、イモビライザの普及と考えてよいだろう。


トヨタランドクルーザー専門高価買取!

トヨタ、米国新車販売は25.9%減…10月実績

トヨタ、米国新車販売は25.9%減…10月実績
レスポンス

米国トヨタ販売は11月3日、10月の新車販売の結果をまとめた。総販売台数は15万2101台で、前年同月比は25.9%減。『カローラ』、大型SUVの『セコイア』、レクサス『LX』を除く全車種が前年実績を下回った。

トヨタブランドではカローラが2万7386台を販売。前年同月比は2.2%増と好調だった。また、セコイアも16.3%増の1829台と売れている。

しかし、『ヤリス』(日本名:『ヴィッツ』『ベルタ』)は13.3%減の4871台と失速。ベストセラーセダンの『カムリ』も12.8%減の3万556台と振るわなかった。

ライトトラック(SUV/ピックアップトラック/ミニバン)系でも、『4ランナー』(日本名:『ハイラックスサーフ』が52.4%減の3555台、『FJクルーザー』が61.7%減の1657台、『タンドラ』が65.4%減の6425台と大ブレーキだ。

レクサスブランドでは高級SUVの『LX570』(日本名:トヨタ『ランドクルーザー200』のレクサス版)が370.7%増の567台と唯一好調。しかし、『GS』は47.7%減の819台、『LS』は51%減の1502台、モデル末期の『RX』(日本名:トヨタ『ハリアー』)は5180台と低迷した。

サイオンブランドは『xD』(日本名:トヨタ『イスト』)が12.2%減の1925台と落ち込み幅を少なく抑えたものの、北米専用クーペの『tC』は51.7%減の2224台、『xB』(日本名:トヨタ『カローラルミオン』は42.9%減の2594台と販売台数が激減している。

米国トヨタ販売は10月3日から11月3日までの期間限定で11車種にゼロ%金利キャンペーンを実施。しかし、その効果はカローラとセコイア以外には表れなかった。トヨタにとっては痛いところだ。

トヨタランドクルーザー専門高価買取!

日本最大級のRCカー用 ロッククローリングフィールド がオープン

日本最大級のRCカー用 ロッククローリングフィールド がオープン
レスポンス

タミヤは10月24日、静岡県掛川市にあるタミヤ掛川サーキット内に、電動RC(ラジオコントロール)カーで岩場に挑戦する「ロッククローリング」競技専用の施設「タミヤ掛川ロッククローリングフィールド」を開設したと発表した。

11月3日には各地よりエントリーした50余名の選手が参加する記念イベント「第1回タミヤクローラーミーティング」を実施する。イベントは競技参加者以外、一般も自由に見学できる。

「ロッククローリング」は、文字通り「道無き岩場を這い上がって行く」競技で、走行ルートを自分で考え操縦テクニックを競うRCカー競技として、アメリカや日本で趣向されている。主な競技方式は、頂上までの規定ルートを制限時間内にクリアし、転倒やルートミスなどによる減点を審判員がチェックする方法で、優劣を決定する。

タミヤが2008年4月に発売したロッククローリングRCカー『トヨタランドクルーザー40』は好調なセールスを続けており、今後の盛り上がりが期待出来そう(タミヤ関係者)。

タミヤではこのカテゴリーを活性化させるため、掛川サーキット内に日本最大級となる専用フィールドを建設した。山の斜面を削り、天然石を無数に配置、高低差約3.5m、平均斜度17度の、面積110平方mの巨大フィールドを完成させた。不規則に配された岩場は平坦から高難度のセクションまで、実車さながらの走りを楽しめるという。

タミヤ掛川サーキット
●所在地:静岡県掛川市淡陽66-1(エコポリス内)
●営業時間:9時00分 - 16時00分
定休日:毎週水・木曜日
●走行料金
一般:1500円/日(会員制度有)
小中高校生:無料
●アクセス
車:東名高速・掛川インターより約15分
車:掛川バイパス・千羽インターより約5分
駐車場:約120台(無料)
公共交通:JR掛川駅・北口より掛川市「コミュニティバス・東循環線」で約25分、18番バス停「エコポリス南」で下車、バス停より徒歩2分

第1回タミヤクローラーミーティング
●開催日程:11月3日(祝)
9時00分 - お昼ごろ:公式練習
13時00分 - 15時30分:競技会

トヨタランドクルーザー専門高価買取!

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。