トヨタランクル買取専門店が送るランクルニュースランクル専門店が集めたランクルニュースです

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

lancrumania

Author:lancrumania
海外直接輸出のランクル買取高額専門店ランクスへようこそ!
ただいま海外の注文に答えられていません。
とにくかくランクル高価買取しますのでよろしくお願いします。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


只今特別高価買取車種


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トヨタランドクルーザー専門高価買取!

【トヨタ博物館】企画展「団塊世代のブームとクルマ」を開催

【トヨタ博物館】企画展「団塊世代のブームとクルマ」を開催
AUTO GALLERY NET

 トヨタの文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手町)は、10月15日~2009年3月29日まで、企画展「団塊世代のブームとクルマ」を開催する。

 この企画展では、1947年から1949年にかけて生れた、いわゆる団塊世代の人たちの価値観や生活スタイルに、クルマがどのように影響を与えたのかを、車両をはじめ資料・ポスター・文献・映像などによって紹介。またそれらを通じ、団塊世代の人たちが形成してきた様々なブームの意味や影響について、「First WAVE」、「Second WAVE」、「Third WAVE & Junior WAVE」の3つのゾーンに分けて展示する。

 「First WAVE」では、団塊世代の少年少女時代を取り上げ、懐かしいテレビドラマ「月光仮面」にちなんだ展示を実施する。さらに1960年代に一世を風靡したグループサウンズや学生運動を通じて、団塊世代が若者文化の担い手となったことを、スバル 360(1958)、トヨタ カローラ(1966)などの展示と共に紹介する。

 「Second WAVE」では、1970年代から80年代にかけて団塊世代の若者が、いよいよ社会人となり、消費志向の強い文化とともにニューファミリーを形成していった姿を展示。車両としてはホンダ シティ・カブリオレ(1986)、トヨタ クラウン(1983)、ニッサン シーマ(1988)などを展示する。

 「Third WAVE & Junior WAVE」では、1990年代のバブル崩壊を乗り越えて、人生の豊かさにトライする“団塊世代がつくる新しい大人文化”と、彼らの二世である団塊ジュニアたちの古い価値観に囚われない“新しい世代のマイナー文化”の新旧2つを対比させ展示。同ゾーンではトヨタ・ランドクルーザー(1985)、i-unit(2005)を展示紹介する。

 トヨタ博物館の入場料は、大人が1000円、シルバー(65歳以上)が500円、中高生が600円、小学生が400円(一部無料ゾーンもあり)。

【オートギャラリーネット編集部:鈴木健大】


スポンサーサイト
トヨタランドクルーザー専門高価買取!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lancrukaitori.blog115.fc2.com/tb.php/75-10fc89da

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。