トヨタランクル買取専門店が送るランクルニュースランクル専門店が集めたランクルニュースです

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

lancrumania

Author:lancrumania
海外直接輸出のランクル買取高額専門店ランクスへようこそ!
ただいま海外の注文に答えられていません。
とにくかくランクル高価買取しますのでよろしくお願いします。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


只今特別高価買取車種


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トヨタランドクルーザー専門高価買取!

トヨタ米国新車販売は29.5%減…9月実績

トヨタ米国新車販売は29.5%減…9月実績
レスポンス

米国トヨタ販売は10月1日、9月の新車セールスの結果を公表した。総販売台数は14万4260台で、前年同月比は29.5%と大幅に失速。10か月連続のマイナスとなった。

前年実績を上回ったのは、トヨタブランドでは『ヤリス』『シエナ』『ランドクルーザー200』『セコイア』、レクサスブランドでは『LX』の合計5モデルだけだった。

トヨタブランドのヤリス(日本名『ヴィッツ』、『ベルタ』)は、5721台を販売。前年同月比は0.1%増と8月までの勢いが衰えた。北米専用ミニバンのシエナは1.9%増の9647台、ランドクルーザー200は18.9%増の186台、北米専用大型SUVのセコイアは27.4%増の2030台と好調だった。

しかし、ベストセラーセダンの『カムリ』は24%減の2万9486台、『カローラ』は24.9%減の2万1316台、『RAV4』は25.5%減の1万305台、『4ランナー』(日本名『ハイラックスサーフ』)は60.4%減の2963台、『タンドラ』は59%減の7696台と大ブレーキとなった。『プリウス』は9.3%減の1万873台と、まだまだ需要に供給が追いついていない状況だ。

レクサスブランドでは高級SUVの『LX570』(トヨタ『ランドクルーザー200』のレクサス版)が、280.8%増の647台と富裕層に支持されている。しかし、『GS』は39%減の977台、『LS』は55.8%減の1238台と不振だった。『RX』(日本名トヨタ『ハリアー』)も38.4%減の4639台と落ち込んでいる。
トヨタランドクルーザー専門高価買取!

トヨタ ランドクルーザー 新車試乗レポート

トヨタ ランドクルーザー 新車試乗レポート

“KING OF 4WD”の原点は北米にあり

 
 ランドクルーザーのプロトタイプは警察予備隊(現自衛隊)の依頼を受けた軍用車。その後、堅牢さと優れた整備性で、北米を中心に世界で高い評価を受けたのが始まりだった。

 先代の100系は1998年に登場して、静粛性の高さを代表されるようにヘビーデュティSUV最高のラグュジュアリーモデルとしてポジションを不動のものにした。新しい200系のランクルは基本的なレイアウトを100系から受け継いでいるが、ラダーフレーム、エンジンなどすべてを一新して悪路走破性、オンロードの走行性能、居住性のすべてのレベルアップを図ったものだ。

 また昨今のSUVが電子制御化を進めており、ランクルもその例に漏れないが、世界の悪路で活動することを目指したランクルは最後の砦を崩していない。それがラダーフレームであり、リジッドアクスルにも現れている。さてますます冴え渡るランクルの世界、いよいよ試乗を通じて紹介しよう。





--------------------------------------------------------------------------------


力強さと優しさが融合する日本的なデザイン

 


 写真で見たランクル200は100系からそれほど変わったようには見えない。多分読者もそう感じただろう。しかし実車は幾分サイズアップされて、よりゴージャスなデザインで存在感が高くなっている。ランクルの主要な市場が北米や中東であることを考えるとこれでもおとなしい。力強さを優しさを融合させたような日本的なデザインだ。

 インテリアは無骨さは極力排除されており、トヨタ流のまとまったデザインだが面白みは乏しい。センターコンソールには5速ATのセレクターが配置され、クロールコントロール(微低速悪路走行モード)なども個々に配置される。これまでの副変速機はダイヤルスイッチになってスターターボタンの下に置かれる。インテリアはこれらのスイッチ類さえ見なければ、高級セダンそのものだ。もちろんシートは3列で8人乗り。さすがにミニバンほどではないが、けっこう3列目も座れるのがランクルなのだ。100系よりさらに広く豪華な室内。200系のアドバンテージは大きい。





--------------------------------------------------------------------------------


静粛性、乗り心地は“LS”を上回るほど

 


 オンロードではAX“Gセレクション”に標準のKDSSが有効に作動する。これは前後のスタビを油圧連結するもので、オンロードではロールを抑えることが出来、オフロードでは連結が解除されて大きなサスストロークが取れるのが特徴だ。実際にハンドルの応答性が良く、これまで以上に乗用車ライクなハンドリングだ。実際に後輪の接地性はリジットの強みを活かして、ストローク、荷重の左右分配とも申し分ない。ただラダーフレームと後輪リジットの組み合わせはさすがにオンロードでは限界があり、不整地などの通過の際はややボディのブルブル感を伴うことがある。また素晴らしいのは静粛性で、この点ではある意味LSよりも優れている。何しろ静かで、しかも乗り心地もゆったりしているのが美点だ。

 4WDシステムがコンパクトなトルセンタイプとなり、レスポンスの良さは極め付き。また注目のクロールコントロールは低ミュー路や悪路でジワリと走る必要があるときに効果を発揮する。従来の降坂だけでなく登坂でも歩くような速度でもぞもぞと悪路を這い上がっていくのだ。スタックしそうな場面でも、ハンドルで探ってやるとかなり回避できる優れもので、ドライバーはアクセルからもブレーキからも解放される。ベテランのテクニックを機械が代行してくれるのだ。

 粘りのある新しい288PS/45.7kg-mの出力は明らかにこれまで以上の回転の伸びを示し、2.5tの重量でも不足感なく走れる。




--------------------------------------------------------------------------------


機能満載、イージードライブなランクル200は必見

 


 クロールコントロールは自動運転ではないが、かなりの悪路を歩くような速度で移動することが出来る。4輪を駆動と制動を別個に作動させて動くので、もぞもぞと路面を探りながら悪路を脱出できる機能を備える。たとえばスタックしそうな場面でも、ハンドルで路面を探りながら、移動可能な場所を探せるのだ。いきなりアクセルを踏んでアナを掘って事態を悪化させる結果は防げる。ブレーキ、アクセルからアシを離して機械任せで移動する機能だが、下り坂ではブレーキを踏んでも装置が復帰可能だ。これ以上はもはやステアリング舵角センサーなどを組み合わせて、電動パワーステアリングで修正舵をあてるようなものに発展していくのだろう。

 気になる見えにくい斜め左方の視界についてもワイドビューフロント&サイドモニターでカバーしている。さらにABSも砂地では自ら砂の壁を作りながら止められるマルチテレインABSをもつ。日本では積雪地でこれらの機能が役に立ちそうだ。

 機能満載、しかもイージードライブ化が進んだランクル200。ますますラグジュアリー、ますます快適なトップ・オブ・ザSUVに迫ろうとしている。


主要諸元 ランドクルーザー AX Gセレクション
全長×全幅×全高(mm) 4,950 × 1,970 × 1,880
ホイールベース (mm) 2,850
車両重量(kg) 2,500
エンジン種類 V型8気筒DOHC
総排気量 (L) 4,663
最高出力(SAE NET)
(kW[ps]/rpm) 212 [ 288 ] / 5,400
最大トルク(SAE NET)
(N・m/rpm) 448 [ 45.7kg ] / 3,400
燃料タンク容量(L) 73
サスペンション(F/R) ダブルウィッシュボーン式
/ トレーリングリンク車軸式
主ブレーキ(F&R) ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ(F&R) 285/60R18
価格(万円)※消費税込 540.0


トヨタランドクルーザー専門高価買取!

トヨタ博物館、企画展「団塊世代のブームとクルマ」を開催

トヨタ博物館、企画展「団塊世代のブームとクルマ」を開催
Japan Corporate News Network (プレスリリース)


Aichi, Sept 25, 2008 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(TSE:7203)の文化施設であるトヨタ博物館では、2008年10月15日(水)から2009年3月29日(日)まで、企画展「団塊世代のブームとクルマ」を開催する。

今回の企画展では、1947年から1949年にかけて生れたいわゆる団塊世代の人たちの価値観や生活スタイルに、クルマがどのように影響を与えたのかを、車両をはじめ資料・ポスター・文献・映像などによって紹介する。またそれらを通じ、団塊世代の人たちが形成してきた様々なブームの意味や影響について、3つのゾーンに分けて展示する。

企画展の概要は以下のとおり。

1. 企画展「団塊世代のブームとクルマ」
(1)期間:2008年10月15日(水)~2009年3月29日(日)
(2)場所:トヨタ博物館 本館2階特別展示室
(3)内容:
1)First WAVE
「若者文化の担い手となった団塊世代」
- 最初のゾーンでは、団塊世代の少年少女時代をプロローグとして、懐かしいテレビドラマ「月光仮面」にちなんだ展示を実施する。さらに、1960年代に一世を風靡したグループサウンズや学生運動を通じて、団塊世代が若者文化の担い手となったことを紹介する。

≪主要展示品目≫
(1)オートバイ:ヤマハ YA-1(1955)、ホンダ ドリーム号(1957)ほか
(2)車両:スバル 360(1958)、トヨタ カローラ(1966)
(3)その他:書籍、模型、ポスターほか

2)Second WAVE
「ニューファミリーを形成した団塊世代」
- 1970年代から80年代にかけて団塊世代の若者が、いよいよ社会人となり、消費志向の強い文化とともにニューファミリーを形成していった姿を展示する。

≪主要展示品目≫
(1)車両:ホンダ シティ・カブリオレ(1986)、トヨタ クラウン(1983)、ニッサン シーマ(1988)
(2)その他:電化製品、玩具、車両カタログ、映像、書籍ほか

3)Third WAVE & Junior WAVE
「団塊世代がつくる新しい大人文化/新しい世代のマイナーな文化」
- 1990年代のバブル崩壊を乗り越えて、人生の豊かさにトライする「団塊世代がつくる新しい大人文化」と、彼らの二世である団塊ジュニアたちの古い価値観に囚われない「新しい世代のマイナー文化」の新旧2つを対比させ展示する。

≪主要展示品目≫
(1)車両:トヨタ ランドクルーザー(1985)、i-unit(2005)
(2)その他:玩具、ポスター、書籍ほか

2. 期間中の特別企画


----------------------------------------------------------------------------
内容 日時 場所
----------------------------------------------------------------------------
スーパーカー特別展示
(1)ランボルギーニ カウンタック (1989・伊) (1)10月15日~11月3日 新館1階
(2)ランボルギーニ ミウラP400 (1968・伊) (2)11月5日~11月24日 大ホール
----------------------------------------------------------------------------
洞爺湖サミット記念ポスター」展 本館2階
- サミット会場で展示された全25点を展示 10月15日~11月16日 特別展示室
----------------------------------------------------------------------------
グループサウンズ&フォークコンサート 10月19日、11月3日 新館1階
- 名古屋外国語大学軽音楽サークルによる 11:00~12:00、 大ホール
60年代音楽のミニ・コンサート 13:30~14:30の2回演奏
----------------------------------------------------------------------------
学芸員トーク
- 企画担当者による展示内容の見所解説 10月16日、18、25、26 本館2階
11:00~11:30、 特別展示室
13:00~13:30の2回講演
----------------------------------------------------------------------------

3. 改修工事による一部休館のお知らせ

12月16日(火)から12月28日(日)の間、改修工事のため本館2階と3階を閉館し、本館1階と新館のみ開館する。なお期間中の入館料は無料とする。

(トヨタ博物館のご案内)
(1) 所在地: 愛知県愛知郡長久手町
(名古屋瀬戸道路・長久手ICより西へ400m グリーンロード沿い)
電話:0561-63-5151
FAX:0561-63-5159
ホームページ http://www.toyota.co.jp/Museum/index-j.html

(2) 開館時間: 9:30~17:00 (入館受付は16:30まで)
〔休館日〕月曜日(祝日の場合は翌日)および年末年始

(3) 入場料: 大人 1,000円 シルバー(65歳以上) 500円 中高生 600円
小学生 400円 団体割引あり
*新館の1階、3階図書閲覧室、3階ギャラリーは無料ゾーン

本リリースの詳細はこちらをご覧ください。
http://www.toyota.co.jp/jp/news/08/Sep/nt08_0909.html
トヨタランドクルーザー専門高価買取!

【ダカールラリー09】片山右京、エコ強化したランクルで出陣

【ダカールラリー09】片山右京、エコ強化したランクルで出陣
レスポンス

片山右京選手率いるTeamUKYOは2日、「TeamUKYOエコプロジェクト ダカールラリー2009参戦発表会」を、池袋にあるアムラックス東京で行った。

09年もダカールラリーに挑戦する片山選手は、エベレスト登頂など自らの経験で感じた地球規模の環境悪化を、少しでも知ってもらいたいということで、09年も走るとした。ただ訴えただけでは聞いてもらえないため、少しでも注目を集められるようにと、ダカールラリーを走るということである。

09年の参戦車両は、トヨタ『ランドクルーザー D-4D 5ドア』(ダカールラリー2009出場クラス FIA T2:市販車無改造クラス)。

今回も廃てんぷら油をリサイクルしたバイオ・ディーゼル燃料「C-Fuel」で挑むほか、横浜ゴムのエコタイヤでオレンジオイルを配合した「ジオランダー A/T-S」のダカールラリー専用「235/85R16」を装着し、車体の一部にはケナフ材を使用。また、モータースポーツ用としては初となる生分解性オイルを使用した環境対応ダンパーも今回は新たに搭載する。現在、車両はトヨタフランスで開発中だが、会場には参考として、09年仕様のカラーリングが施されたランドクルーザーも展示された。

ゲストには、地上波のF1中継で片山選手と共演しているタレントの山田優さんも駆けつけ、「自分の見てくれがみすぼらしいから、呼ばなければよかった(笑)」などとお得意の片山節が飛び出す場面も。

最後に片山選手は、ダカールラリーは心身共に過酷極まりない競技のため、正直参戦したくない気持ちも半分あると明かしつつも、大事なことだからがんばると語る。「メッセージを発信して何が変わったかといったら、まだ何も変えられてない。でも、少しずつエコに取り組んでいる企業からいただく話も増えてきています。今回協力していただいた企業や応援してくれている方々への感謝の気持ちを忘れず、謙虚に最後まで諦めずにがんばりたいと思います」とコメントして会見は終了した。

トヨタランドクルーザー専門高価買取!

【トヨタ博物館】企画展「団塊世代のブームとクルマ」を開催

【トヨタ博物館】企画展「団塊世代のブームとクルマ」を開催
AUTO GALLERY NET

 トヨタの文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手町)は、10月15日~2009年3月29日まで、企画展「団塊世代のブームとクルマ」を開催する。

 この企画展では、1947年から1949年にかけて生れた、いわゆる団塊世代の人たちの価値観や生活スタイルに、クルマがどのように影響を与えたのかを、車両をはじめ資料・ポスター・文献・映像などによって紹介。またそれらを通じ、団塊世代の人たちが形成してきた様々なブームの意味や影響について、「First WAVE」、「Second WAVE」、「Third WAVE & Junior WAVE」の3つのゾーンに分けて展示する。

 「First WAVE」では、団塊世代の少年少女時代を取り上げ、懐かしいテレビドラマ「月光仮面」にちなんだ展示を実施する。さらに1960年代に一世を風靡したグループサウンズや学生運動を通じて、団塊世代が若者文化の担い手となったことを、スバル 360(1958)、トヨタ カローラ(1966)などの展示と共に紹介する。

 「Second WAVE」では、1970年代から80年代にかけて団塊世代の若者が、いよいよ社会人となり、消費志向の強い文化とともにニューファミリーを形成していった姿を展示。車両としてはホンダ シティ・カブリオレ(1986)、トヨタ クラウン(1983)、ニッサン シーマ(1988)などを展示する。

 「Third WAVE & Junior WAVE」では、1990年代のバブル崩壊を乗り越えて、人生の豊かさにトライする“団塊世代がつくる新しい大人文化”と、彼らの二世である団塊ジュニアたちの古い価値観に囚われない“新しい世代のマイナー文化”の新旧2つを対比させ展示。同ゾーンではトヨタ・ランドクルーザー(1985)、i-unit(2005)を展示紹介する。

 トヨタ博物館の入場料は、大人が1000円、シルバー(65歳以上)が500円、中高生が600円、小学生が400円(一部無料ゾーンもあり)。

【オートギャラリーネット編集部:鈴木健大】


トヨタランドクルーザー専門高価買取!

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。